【回想】Dik50 CREATION LAB

NOVEL

朝日が差し込む自分の部屋を撮影。

仕事、服、寝る。のシンプルな部屋。

ハンガーに掛けれれた白いシャツ。

ちなみに、Dik50 とは、本名 五十嵐大輝のペンネーム的なノリ。

EDITTING

部屋の壁紙は自分で貼り付け。

ドライフラワーが壁に落とす影もお気に入り。

そして、服、服、服、靴、帽子、カバン、アクセ、服、、、

ファッションとつくることが人生の楽しみ。


NOTE

着用しているシャツは、THEE OLD CIRCUS のもの。

マイナーチェンジを繰り返しながら、十数年つくられ続けている、CIRCUSの世界観を象徴する不朽の名作である。

そのシャツの名は MELODY


ストレッチなしの究極のタイトシルエットで、新品時は肘を曲げたときに皮膚に生地が食い込むほど。

ドライでバサっとしたタイプライター生地は、着込んでいくほどにヤレた風合いへと深化していく。

極細アームホール、長めにとられた袖丈、高めの台襟、襟の鋭角さ、錆加工がされた金属ボタン、着る者の佇まいを凛とさせてくれる。


正直、着るものを選ぶシャツだが、

このMELODYに合わせて、自分のマインドも真摯に誠実になっていくように感じる。




今日もいつもの白シャツに袖を通す。

襟を整え袖まくりする。

想創の時間、デスクに向かう。

Public Creation Novel

パブリッククリエイターとして、官民共創と地域おこしに取り組んでいます。 地域が持つ社会課題をクリエイティブに楽しく解決することがワークテーマです。

0コメント

  • 1000 / 1000